2010年06月02日

証取法違反罪で公認会計士の有罪確定へ 最高裁(産経新聞)

 害虫駆除会社「キャッツ」の株価操縦事件に絡み、虚偽の有価証券報告書を提出したなどとして、証券取引法違反罪に問われた公認会計士、細野祐二被告(56)の上告審で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は、細野被告側の上告を棄却する決定をした。懲役2年、執行猶予4年とした1、2審判決が確定する。決定は5月31日付。

 細野被告側は、会計処理は適正で、同社の元社長=有罪確定=らとの共謀もなかったなどと無罪を主張。しかし、同小法廷は「虚偽記載を是正できる立場だったが、自己の認識を監査意見に反映させず、有価証券報告書などに適正意見をつけた」と指摘。「元社長らとの共謀を認めた2審判決は正当」と結論づけた。

 2審東京高裁判決などによると、細野被告は元社長らと共謀。株価操縦で仕手筋に渡った同社株を買い戻すため、元社長が同社から60億円を借り入れたことを隠蔽(いんぺい)。虚偽の有価証券報告書など提出した。

【関連記事】
堀江被告の資産競売中止 供託金410万円納め
元IBM営業マンが手を染めた禁断の“赤黒転換”
武器は“強欲”セールストーク… 年収1億円の敏腕生保マンの錬金術
生保社員ら起訴 テレウェイヴ株めぐるインサイダー事件
架空増資、ユニオン前社長ら3人逮捕
「はやぶさ」帰還へ

ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)
首相、辞任論に「迷惑かけていることは理解しているが…」(産経新聞)
新たな腎細胞がん、多発性骨髄腫治療薬の承認を了承―医薬品第二部会(医療介護CBニュース)
ニチイ学館寺田社長、元社員逮捕で陳謝―再発防止に努める(医療介護CBニュース)
参院選「かなり負ける可能性」=鳩山首相の続投訴え―外相(時事通信)
posted by シマモト タダオ at 04:08| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。