2010年02月12日

「核なき世界」を議論=市民集会が開幕、内外のNGO−長崎(時事通信)

 国内外の非政府組織(NGO)や核問題の研究者らが「核なき世界」を目指し議論を交わす「第4回核兵器廃絶−地球市民集会ナガサキ」が6日、長崎市で開幕した。
 米英韓など海外から7カ国9人の反核・平和運動家らを迎え、分科会や全体会議を通じ、各国政府や国民が核廃絶に向けて果たす役割などを話し合う。
 長崎県や市、市民でつくる実行委員会(委員長・土山秀夫元長崎大学長)が主催。2000年に第1回が開かれ、03、06年に続き4回目となる。
 8日まで3日間の日程で開かれ、最終日の閉会集会では「長崎アピール」が採択される。 

【関連ニュース】
五輪の被爆地開催は市民の夢=国内外と連携深め実現
被爆体験伝える映画上映=監督が核廃絶訴え
第五福竜丸、名工の模型で後世に=被ばく前の姿、精巧復元
地上戦の沖縄訪問を=基地負担軽減求める声
被爆者「核なき世界に弾み」=広島市長、大統領訪問に期待

小沢氏の喚問要求も=大島自民幹事長(時事通信)
立松さん“第二の故郷”知床、早い死惜しむ(読売新聞)
独ベーリンガーがエスエスを完全子会社化へ(医療介護CBニュース)
センター試験の受験者は52万600人(産経新聞)
6千万円超不正請求で介護事業者指定取り消し―神奈川(医療介護CBニュース)
posted by シマモト タダオ at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。