2010年02月27日

可能部分は地方移管=ハローワーク取り扱い−総務相(時事通信)

 原口一博総務相は26日の閣議後記者会見で、国の出先機関改革に関連したハローワークの取り扱いについて「まるまる移管という形は厳しい」と指摘する一方、「移管できる部分は例外なく移管していきたい」と述べ、地方へ極力移管すべきだとの考えを示した。
 ハローワーク職員の地方移管をめぐっては、総務相は25日の衆院予算委分科会で「ハローワークまで移管するのは少しやり過ぎだ」と答弁し、消極的な考えを示していた。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
ハローワークは移管対象外=国の出先機関改革で
郵政民営化の危機=自民・中川氏
住基ネット活用も検討を=共通番号制度で
顧問料130万円超=元国会議員3氏に

日歯連が民主候補支援へ転換 夏の参院選(産経新聞)
皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」(産経新聞)
「外国人参政権判決は金科玉条ではない」園部元判事の証言要旨(産経新聞)
強姦未遂で起訴の警部、別の強制わいせつも(読売新聞)
日本郵政、業務自由化を要望=かんぽの宿、一部を介護施設に(時事通信)
posted by シマモト タダオ at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。