2010年04月24日

<犯罪被害者支援>施策知らぬ被害者ら多く 認知度調査で(毎日新聞)

 警察庁は22日、凶悪犯罪の被害者や遺族を対象に、犯罪被害者支援制度の認知度を調べたアンケート結果を公表した。14種類の支援施策のうち「被害に遭う前から知っていた」との回答が1割に満たないのが13施策に達した。また「アンケート時まで知らなかった」との回答が4割を超えたのが9施策にのぼった。同庁は「広報に力を入れたい」としている。

 アンケートは殺人、傷害、強盗、強姦(ごうかん)などの被害者や遺族881人を対象に、395人から回答を得た。

 アンケートを受けるまで知らなかったとの回答が4割を超えたのは「事情聴取の場所に関する配慮」や「専門的知識のある警察職員のカウンセリング」など。「支援施策を何で知ったか」と聞いたところ、「警察職員から」が56〜100%と14施策でいずれも最多。しかし、「けがに対する診断書料の公費負担」を利用しなかった人の70%、「遺体搬送などに関する公費負担」を利用しなかった人の58%がそれぞれ、「教えてくれる人がいなかった」と回答した。【合田月美】

日中韓外相、来月15日に会談へ=北の核問題など協議(時事通信)
「政治主導成功せず」21世紀臨調が提言(産経新聞)
サマランチ前会長 商業主義功罪相半ば 「国変わる」持論(毎日新聞)
英会話大手ジオス、破産申請=負債75億円(時事通信)
新潟県に運転再開申し入れ=柏崎刈羽原発1号機−東電(時事通信)
posted by シマモト タダオ at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。